脳活ドリル~つるツール~の実施(さくら苑新館)

皆さん、こんにちは。介護士の水流です。

さくら苑新館デイサービスでは、認知機能低下を防ぐためのドリル「脳活ドリル~つるツール~」を作成し、利用者に実施して頂いています。

つるツールは、水流が作ったツールという単純なネーミングです。

ドリルの中身は、脳の活性化に繋がると言われている「簡単な計算」、「間違い探し」、「塗り絵」です。また、ドリル以外でも認知機能低下防止の為の集団活動として「音読」や「デュアルタスク運動」を実施しています。

各項目の効果について以下をご参照下さい。

  1. 計算の効果について
  2. 間違い探しの効果について
  3. 塗り絵の効果について
  4. 音読の効果について
  5. デュアルタスク運動の効果について

ドリル開始前に実施した評価で、ドリルの中身は個人、個人違った内容になっています。例えば間違い探しは初級編、計算は中級編、塗り絵は初級編といったように評価した結果でその人に合ったドリルになっています。

集中してドリルを実施する方や集中力が続かず手を止める方、実施時の細かい声掛けが必要な方等様々ですが、「今日も色々あって楽しかった」と利用者から聞かれるので、今後も実行、評価をしていき少しでも認知機能の低下防止に繋がるよう取り組んでいきます。

写真はドリルの表紙と実施時の様子です