脳活ドリル~塗り絵の効果~(さくら苑新館)

さくら苑新館デイサービスの水流です。

昨年の10月から実施している認知機能の低下を防止する為の脳活ドリルですが、実施を始めてから4月で半年が経過します。

今回は開始当初と現在を比較して塗り絵に変化が見られた1人の利用者の経過について紹介したいと思います。

こちらが開始当初(10月)の塗り絵の状況です。

そしてこれが開始してから1か月後の12月の塗り絵です。

これが最後になりますが最近(2月~3月)の塗り絵の状況です。

見てわかる様に開始当初から比べると配色や陰影のつけ方、枠をはみ出さずに書くなど上達しているのが分かります。

塗り絵自体の上達も目に見えて分かりますが、本人の意欲も変わりました。現在は細かい塗り絵等にも挑戦し、塗り絵用の色鉛筆をご自身で購入し自宅でも実施するなど、利用時間以外でも取り組まれるようになりました。

塗り絵自体は認知機能における視空間認知機能(目で見た情報を処理して空間の状態を把握する機能)の改善に繋がると言われています。

今後は、そういったところにも注視していきながら今後も脳活ドリルの経過を追っていきたいとと思います。

さくら苑新館で実施している脳活ドリルの詳しい情報は、以下をご参照下さい

脳活ドリルについて