自宅での飲み込みの自主練習

デイケア(通所リハビリは)、利用者ごとに利用する曜日や日数が異なっています。そのため、デイケアでの訓練だけでなく、自宅でも練習を行ってもらっています。

公佑会のどの施設でも嚥下体操を行っており、自宅でも嚥下体操は勧めていますが、嚥下障害のある方は嚥下体操とは別に練習内容を作って渡しています。

嚥下訓練では、特に、自宅でも鏡を見ながら、口や舌、頬の運動をしています。また、自宅でもしっかり出来るように、自宅での自主練習の指導をしています。

「○○が美味しく食べれた~」などと話があると、利用者も私も嬉しく思います♪

飲み込みの確認

飲み込みの訓練を行っている方や評価の依頼があった場合、飲み込みの状況が心配な方を中心に、飲み込みについての聞き取りや簡単な検査を行っています。

今日は、訓練を行っている方に、口や頬、舌の動きの確認(口・頬・舌の動きの確認、オーラルディアドコキネシスという「パ」「タ」「カ」をそれぞれ一定の時間内に速く発音しその数やリズムの良さを評価します)、唾液を何度も飲み込む検査(反復唾液嚥下テスト)を行いました。

 

検査の後は、前回の検査の結果を確認し、自宅での練習にも繋げています。

巻き笛

今日は巻き笛を用いた練習を行いました。

以前、ペットボトルに水を入れて差し込んだストローでブクブクとするブローイング訓練をあげましたが、巻き笛でも練習しています。

 

自宅でも自主練習が行いやすいです。

ブローイング訓練の効果が望める機能

・呼吸機能

・嗽咳力(咳のちから)

・口唇閉鎖(口を閉じるちから)

・鼻咽腔閉鎖(鼻と喉の境界を閉じる)

があります。

息を吐く訓練は、発声や嚥下との関連が深く、呼吸が強くなれば、声量のアップが望めます。また、むせ込んでしまった際の出す力が強くなることも望めます。

しっかりと口を閉じて息を吐くため、口唇の力や鼻と喉の境界を閉じる力が強くなります。そのため、誤嚥性肺炎の予防に繋がります。

めの餅飾り♪

さくら苑支援相談員 田原です。

先日、さくら苑入所の利用者の活動、めの餅作りに参加させて頂きました。

皆さん真剣な表情で取り組まれ、とても素敵な飾りができました。

さくら苑内は、色とりどりのめの餅で鮮やかに彩られています。

餅勧進☺(さくら苑)

支援相談員の宮内です。

デイケアでは、伝統奇祭である厄払い行事の『餅勧進』が行われました。

それぞれに仮装し、音楽に合わせて踊り、皆さんの無病息災・家内安全等厄払いが

できたようです♪

皆さん、大笑いでとても楽しい時間でした(^^♪

1月誕生会

こんにちは、支援センターの大野です。

1月10日、デイケアで誕生会が開催されました。

今回は職員の出し物として、獅子舞を舞いました。

利用された方々は、頭を噛んでもらったりされ、大喜び。

祝い事の雰囲気を少しでも味わってもらえたようでした。

口腔ケアの指導🦷

明けましておめでとうございます。

さくら苑 山田です。

今年も1月2日よりデイケアスタートし、皆さん笑顔で来苑されています。また、お正月料理も食べられた方も多く、様々な話をしてくださいます。

そして、食事に関して、昨年ブログであげた「口腔ケア」についてです。

STでは嚥下の訓練を行っていますが、お口の状況によって、口腔ケアの指導も行っています。口腔ケアは歯磨きだけでなく、口の中の機能改善も担っています。また、口腔ケアにより誤嚥性肺炎の予防にも繋がる為とても重要となります。

写真は、入れ歯の汚れが残っている方に対して、義歯用の歯ブラシを用いて入れ歯のケアについて指導を行い、ご自身でも行っている様子です。

食事の食べ残しがお口の中に残ってはいませんか?口腔ケアを行って、口の健康も保ちましょう♪

🎍新年明けましておめでとうございます🎍

昨年は、コロナウイルスにより制限はありつつも、世の中は少しずつ活動が再開し始めたなぁと感じた1年でした。公佑会でも一時的ではありましたが対面の面会が行なわれるなど、その時の状況に合わせて活動等が行なわれました。

これからも、明るい話題をお届けできたらと思っております。

 

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

広報委員一同

初雪⛄(さくら苑)

寒い日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?支援相談員の宮内です。

さくら苑は昨日から真っ白な雪模様でした。

デイケアで来られる利用者さんからも「さくら苑の外は別世界じゃ!」と言われていましたが、

「家にいても炬燵の番をするばっかいやっで、ここに来てみんなと楽しまんなら。」と笑顔で来て下さる

のでありがたいです。

玄関先に雪だるまのお出迎え⛄ にも喜んでいただけたようです♪

まだまだ、寒い日は続きますが皆さん体調管理に十分お気を付けくださいませ。

口腔ケアについて🦷

こんにちは。さくら苑山田です。

口腔ケアとは何か考えたことはありますか?

口腔ケアとは、歯磨きなどで口の中をきれいに保つことはもちろんですが、健康を保つことや口の機能を向上するためのリハビリを含んだ幅広い内容のことをいいます。

そのため、歯や歯茎、舌、入れ歯を含む口の中の清掃、口の中や口周りのマッサージ、飲み込みの為のトレーニングなどが含まれています。

(飲み込みの為の練習方法は、以前嚥下体操や飲み込みの方法などであげていますので、ここでは割愛していきます。)

大人の口の中には300~700種類の細菌が生息しているといわれています。歯をあまり磨かないと4000~6000億個もの細菌がすみついてしまいます。

口の中の汚れや細菌は、唾液の持つ自浄作用によって洗い流されますが、加齢によってだ液の量が減ることで、さらに細菌がつきやすくなります。

口の中の細菌を減らすと誤嚥や誤嚥性肺炎、感染症の予防に繋がる為、口の中の清潔はとても重要となります。

口腔ケア用品にはこれだけではなく、様々な種類があります。口の中を清潔に保ち身体も口の中も健康を保ちましょう☆