新型コロナウイルスワクチン接種について

さくら苑入所・さくらの杜 ご家族 様

新型コロナウイルスワクチンについて、各自治体より案内があるかと思います。公佑会では、入所者・入居者のワクチン接種につきましては、それぞれの施設で対応をお知らせいたします。

さくら苑での対応

  • ワクチン接種を希望される方は、各市町村から送付されてるワクチン接種予診票と接種券が必要となりますので、さくら苑までご持参または、ご郵送してください。(なお予診票につきましては、分かる範囲で良いのでご記入ください。)
  • ワクチン量の把握や確保のため、接種を希望される方は5月22日(土)までに、ご記入済みの予診票並びに接種券をご郵送ください。
  • ワクチン接種につきましては供給量に応じて順次施設内で対応してまいります。

さくらの杜での対応

  • さくらの杜入居者のワクチン接種につきましては、かかりつけ医での対応となるため、かかりつけ医療機関への予約が必要となります。かかりつけ医への予約は当施設でも対応できますので、ご希望される方はご相談ください。
  • 丹医院がかかりつけ医の場合は、丹医院での接種となります。
  • ご希望される際は、ワクチン予診票と接種券が必要となりますので、さくらの杜へご持参いただくかご郵送してください。(なお予診票につきましては、分かる範囲で良いのでご記入ください。)

予防接種費用について

料金は全額公費の対象であり、無料となります。

確認事項

  • ワクチン接種は任意であり、強制ではありません。ワクチン接種をご希望される方は、予防接種についての説明書を確認していただき、効果や副反応についてご理解ください
  • その他、予防接種の詳細につきましては各自治体からの案内をご確認ください。

「こいのぼり」を飾りました。(さくら苑入所)

こんにちは、さくら苑入所の木下です。

今日は子どもの日です(^^♪

さくら苑の入所では、先日「こいのぼり」を飾りました。

「こいのぼり」とは、日本の風習で、江戸時代に武家で始まったものです。男児の健やかな成長を願って、端午の節句に紙や布などに鯉の絵柄を描き、家庭の庭先に飾るのぼりの事で、風を受けてたなびくようになっているとされています。

入所者の皆さんも飾られた「こいのぼり」を見て「おおきいね」「奇麗だね」「元気に泳いでいるように見えるね」など笑顔で、話されていました。

入所者の皆さんや職員からも自然と笑い声や笑顔があふれ楽しい時間となりました。

毎日の生活の中で刺激があると楽しく感じる事ができ、次の意欲へと繋がります。これからも入所では、利用者や職員共々皆さんが自然と笑顔になれるような、楽しく過ごせる環境を提供していきたいと思います。

介護保険改定に伴う利用料変更のお知らせ

介護保険制度が改定され、4月より施設利用料金が変更となります。つきましては同意書を頂くことになりますのでご協力いただきますようお願い申し上げます。

案内文書・同意書

各サービスの改定内容

さくら苑

さくらの杜

京町デイサービス

さくら苑新館

お問合せ

  • 介護老人保健施設さくら苑 0984-33-2127:宮内、田原
  • ケアハウスさくらの杜 0984-25-3258:上森、下別府
  • さくら苑京町デイサービス 0984-21-7007:坊屋敷、山之口
  • さくら苑新館 0984-27-3137:冨満、平井

ケアプランミニ会議(さくら苑)

こんにちは。ST山田です。

さくら苑入所では、ケアプランがより良く行えるよう、介護スタッフ、リハスタッフ、ケアマネージャー等で月に1回程ケアカンファレンス後にミニ会議を行っています。

プランの実施に当たって、工夫できる部分のアイデアであったり、チェック表や方法等がもっとわかりやすく出来ないか等意見を出し合っています。

少しの時間ではあるのですが、意見が出てケアプランに生かせるので、これからも利用者がより良くなれるよう、多職種共同での自立支援を目指していきたいです。

雛人形を飾りました。(さくら苑入所)

こんにちは、さくら苑入所の山下です。

桃の花が咲く、春らんまんの季節が近づいて来ました。さくら苑の入所では、雛祭り(桃の節句)を迎える前に「雛人形」を飾りました。「梅の花」や「ねこやなぎ」など、春の花も一緒に飾ると、入所者の皆さんから「きれいだね」「暖かくなると、もうすぐ春だね」と言葉が聞かれました。

日本において雛祭りは、女の子の健やかな成長を祈る節句だと言われています。これからも入所者の皆さんが、健康で楽しくリハビリを行いながら、生活して行けるような活動を考えて提供していきたいと思います。

1月誕生会~獅子舞~(さくら苑)

さくら苑デイケア田原です。

先日、1月生まれの方の誕生会を行いました。今年のお正月は自粛する方が多かった様なので、例年通りのにぎやかさを取り戻そうと職員が獅子舞を披露しました。

獅子舞の登場に皆さん大喜びで、頭を噛んだり、ボールを投げキャッチしたりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。また鵜戸神宮の運玉の変わりに、さくら神社と称しお手玉で運玉投げをしました。

まだまだ、感染症などで心配な事が多いですが、今年はさらに良いことがありますようにと皆さん願を込めていました。今後も楽しく過ごして頂くため、デイケアの活動を充実させたいと思います。

めの餅作り(さくら苑)

さくら苑支援相談員田原です。

めの餅飾りとは、小正月に五穀豊穣・無病息災などを祈願して榎(えのき)の枝に色とりどりの餅を刺して家の軒先や仏壇、田の神さあなどに飾る南九州に伝わる伝統行事です。

各家庭で違うようですが、飾ってから初めて雷が鳴った時や1月30日に飾った餅を油で揚げてあられにして食べるそうです。

最近では、めの餅自体を見る機会が減っており利用者の方々も「久しぶりに作った」「懐かしい」と声が多く聞かれ、作った事のない職員も多かった為、利用者が主体の作業になりました。

出来上がっための餅は、ピンク・黄色・緑色と可愛らしく季節を感じられる創作活動となりました。

門松作り🎍

こんにちは。さくら苑 ST山田です。

めっきり寒くなりましたが、体調はいかがでしょうか。
公佑会では、各施設お正月の準備が始まり、本日門松作りがありました。
今年もあと11日です。体調に気を付けてお過ごしください。

スイートポテト作り(さくら苑入所)

こんにちは、さくら苑入所の木下です。

今回は、調理レクリエーションで「スイートポテト」作りを行いました。ふかしたさつま芋が運ばれてくると、甘い香りが漂いました。「美味しそうだね」など笑顔で、あんを掌に載せ形を整えていきました。その後、トースターで焼き色をつけたら出来上がりです。スイートポテトは、さつま芋から出来ている事を伝えると「そうですか」と少し驚かれた表情が伺えました。完成したおやつは、皆さん完食され「美味しかったと」笑顔が見られました。

今後も、楽しみながら美味しく頂けるような、活動を考えていきたいと思います。

産業文化祭の作品つくり(さくら苑入所)

こんにちは、さくら苑、入所の杉元です。

産業文化祭に出品する作品を作りました。皆さん楽しそうに手の平に、色とりどりの色で絵具を塗って、模造紙に手形を押し綺麗な紅葉の作品が出来ました。作品を見て満足された様子で喜ばれていました。

今後も利用者や私たち職員も、楽しみながら出来るような創作活動(作品作り)を考えていきたいと思います。

えびの市文化センターに、11月25日(水曜日)まで展示してありますので、お立ち寄りください。