活動ー穴めがけて玉転がし(さくら苑新館)

さくら苑新館の田代です。

今回はスカットボールのゴールに向かって玉を転がす「穴めがけて玉転がし」を紹介したいと思います。スカットボールのゴールには12個の穴が開いておりそれぞれ点数が付いています。5回投げた合計の点数を競います。

穴めがけて転がすだけなのですが、ゴールの壁に当たりコースが変わったり、入るかと思いきや穴の淵を沿って外れたりとなかなか思うようにはいかず悔しがる場面や時には連続して入ることもあり観戦者からは歓声と拍手が見られました。

準備する物

  • スカットボールのゴール
  • 玉 5個

リハビリ効果

  • 玉を目標に向かって転がす事で体幹や上肢、座位バランスの強化に繋がる
  • 目標に向かって玉を転がす強さや方向を調整する事で上肢の筋肉の協調性強化に繋がる
  • 他者と競い合いながら、交流しながら行うことで、精神活動の活性化に繋がる

コメントする