自宅訪問評価(さくら苑新館)

さくら苑新館、リハビリの岩元です。
今回は、ショートステイでのリハスタッフの取り組みの一部を紹介したいと思います。

先日、利用者の自宅での動作評価・環境評価をする為にリハスタッフによる自宅訪問を行いました。ショートステイを使うきっかけは自宅での転倒でした。ショートステイから自宅に帰った時に、ちゃんと生活が出来るか本人も心配されていたため、担当ケアマネジャーの方と一緒に訪問しました。

転倒原因となった部分の住宅改修および環境調整の計画を立て、本人への動作指導を行いました。
(訪問後は自宅で転倒したとは聞いていません)

さくら苑新館にはリハスタッフが常駐しており、デイサービス・ショートステイ限らず、利用者の自宅生活における問題解決のため、適宜自宅訪問を実施しています。住環境に問題があれば、住宅改修や福祉用具活用などの助言を行い、動作については、個々に合わせてリハビリのプログラムを立案していきます。

さくら苑新館では、リハビリ、看護、介護という専門職が揃っています。私たちは利用される方が、住み慣れた自宅で長く生活できるよう支援していきます。