【お知らせ】新型コロナウイルス感染対策関連について

ご家族の皆様へ

新型コロナウイルスが都市部を始め全国的に感染者数が増加していることを 考慮し、3月25日(火)の会議にて、当分の間、面会制限を設けることとなりました。現時点での対策につきましてご報告いたします。

  1. 公佑会運営施設(さくら苑、新館ショートステイ、さくらの杜)に関して面会制限を設ける。
  2. 通所系サービスを利用される方は、自宅での検温を行い、37.5℃以上の発熱がある場合は利用を控える。
  3. 公佑会職員は出勤前に自宅で検温を行い、さらに施設入館時に再度検温し、記録を行う。
  4. 外部の取引業者並びに保守業者においては、施設入館時に検温を行い、入館記録簿に記入する。

なお、家族洗濯においては、洗濯物を入れるケースを玄関付近に置く対応を行っております。

問合せ先
介護老人保健施設さくら苑
支援相談員 宮内美由紀、田原俊一
電話:0984-33-2127

レクリエーション♪

こんにちは♪さくらの杜の田口です。

さくらの杜では先月、誕生会のレクリエーションで

【送れ送れゲーム】というゲームを行いました♪

ルールはとても簡単で、みんなで円になり一つのひもを持ち音楽をかけます。

鈴のついた輪を隣の人に送り音楽の止まった時に輪を持っていた人が

箱の中に入っている紙を引き、そこに書かれているお題をしてもらう!

というシンプルなもので、とても盛り上がりました♪

お題の中には【好きな歌を歌う♪】、【隣の人と写真を撮る】、【隣の人の肩をもむ】

などなど、、いろいろ書いてありとても楽しまれていました!

この写真はそのお題のなかの一幕です!「写真をあまりとることがないから、、」と少し緊張されていました。

今月の誕生会は11日に予定してあります♪

また、入居者、職員ともに楽しめるレクリエーションを考えていきたいと思います。

集団体操(さくら苑新館)

さくら苑新館の鬼川です。

今日はショートステイとデイサービスで実施している集団体操についてご紹介したいと思います。

さくら苑新館では、1日の日課として重錘体操・棒体操・タオル体操を午前と午後に分けて実施しています。それぞれ10分程度の体操ですが、リハビリ専門職の職員と介護の職員で一緒に考えた体操で、いざやってみるとなかなか大変な体操です。

開始当初は利用者の皆さんも「きつかー」「つかれたー」と言われておりましたが、定着した今となっては、平然とこなしてます。なかには、体操の時間が近づくと「そろそろ体操が始まるから席にもどらんなら」と体操を楽しみにされている利用者もいらっしゃいます。

継続は力なりと言いますが、体操のおかげか「足が軽くなった」「肩が挙がる様になった」

と喜ぶ声も聞かれています。

今後も続けていき、元気になれるデイサービス・ショートステイを目指していきたいです!

調理活動:水菜の漬物(さくら苑新館)

さくら苑新館の水流です。
菜園の水菜が収穫出来たので水菜の漬物を作りました。

作り方

  1. 水菜の根を取り再度洗う
  2. 2㎝程度に切る
  3. ビニール袋に水菜を入れ塩もみする
  4. 調味料で味付けする

調理活動が始まると、普段自ら動かない利用者が自ら進んで水菜を手に取り、根をとる作業や塩もみをする姿があり、慣れ親しんだ活動には気持ちを動かし、体を動かす事に繋がるのだと再度実感しました。
また、漬物作りで満足されるか不安でしたが、「久しぶりに漬物を作った」「うまかった」「楽しかったでまたすっがね」と聞かれ安心しました。

活動意欲の低下がある方、皆が皆、調理活動を進んでするわけではありませんが、反応が良かった利用者に対しては、調理活動を通して心を動かし、進んで楽しく活動出来るよう、今後も実施していきたいと思います。
また、他の活動においてもバリエーションを増やして、利用者1人1人にとって意欲的に出来る活動を調査していき、心を動かせるよう取り組んでいきたいと思います。

さくら苑新館6月の誕生会

さくら苑新館の水流です。昨日6月の誕生会を実施し、今月は女性一人の方が誕生日を迎えられました。

皆で祝った後は、お楽しみレクとして送れ送れゲームを行いました。2列に並び色々な物を次々に隣の方に送るゲームで、「ハイきたよ」「次くるよ」等声をだして素早く隣の方に渡していました。ゲームの後は職員による踊りを行い、途中で利用者の方も入ってとてもキレのある踊りを披露してくださいました。今後も利用者と職員が一緒に楽しめる誕生会を企画していきたいです。

「ヨーグルト・ムース」を作りました♫

こんにちは、さくら苑入所の山下です。

皆さん雨が続く中いかがお過ごしでしょうか?

今回は、最近気温も上がってきているため、さわやかな味を楽しんでいただけるよう、菅理栄養士と共に『ヨーグルト・ムース』を作りました。

皆さん手際もよく、和気藹々とした雰囲気の中で、楽しく作りました。

入所者の方の中には、今まで自宅で行ってきた家事(調理)をする事で、昔のことを思い出す良い機会となっており、小さい頃に食べていたオヤツや食べ物などの話題も多く出てきました。

出来上がると「おいしいね」と、皆さん笑顔で完食されていました。

夏にはそうめん流しを計画しています。今後も、入所者を中心に楽しみながら続けていきたいと思います。

菜園作り・芋植え(さくら苑新館)

さくら苑新館の水流です。

5月末に菜園作りを行いました。利用者の方は慣れた手つきで草をとり、クワを持つと、流れるような動作で土を耕していました。うねを作る際も利用者の方から的確なアドバイスを頂きながら作業を進め、種まきの準備が完了。

種は、水菜、ほうれん草、枝豆、スイカをまきました。

4日程したら発芽しており、利用者の方と喜びました。
今後も菜園活動を通し、利用者の方と野菜が成長するよう手をかけ、一緒に活動を楽しんで行きたいです。

芋植え

野菜の種をまいた横が空いていたので芋植えを実施しました。苗を渡すと次々に植えられ、あっという間に植え終わり「食べるのが楽しみやね」との声が聞かれました。収穫したらどのようにして食べるかを利用者の方と話し合っていきたいと思います。

花を見ながらの散歩(さくら苑新館)

さくら苑新館の水流です。

昨日は天気が良かったので利用者の方と散歩に行きました。
新館の建物の周りは野菜や花を植えていて、昔作っていた野菜やその作り方等の話をしながら散歩を行っています。花壇では、「綺麗に咲いたねー」と笑顔で花をやさしく触れる場面が見られました。
梅雨が始まったばかりですが、雨が降ってない日は散歩に出て利用者の方と楽しい時間を過ごしていきたいです。

入所の誕生会(さくら苑)

こんにちは、さくら苑入所の杉元です。先日、さくら苑入所で5月の誕生会を行いました。

昼食は彩の良い祝い御膳いただき、皆さん笑顔で食べられていました。
誕生会では、密を避けるため小人数での記念品贈呈を行い、その後はお祝いの歌をうたいました。今回は、複数のグループに分かれ「紙芝居」を行いました。昔懐かしい紙芝居に、楽しい時間を過ごされました。

ちまき作り(さくらの杜)

ケアハウスさくらの杜の樺山です。

5月初旬に調理レクリエーションとして、ちまき作りを行いました。
童謡の「背くらべ」の中に、「柱のきずはおととしの5月5日の背くらべ、ちまき食べ食べ兄さんが~」とあるように、5月5日の端午の節句(こどもの日)には、ちまきを食べる風習が日本にはあります。

ちまきが5月に食べれられる理由として、諸説ありますが、旧暦の5月はちょうど暑さが始まる時期で、病気にかかる人が増えるということから、ちまきを食べて無病息災を祈願すると言われています。

入居者の皆さん張り切って、ちまき作りをされていました。試食会でも「おいしい!ちまきは大好物です。また来年も作らせてください。」というお声が聞けました。

今後も入居者の皆さんの楽しみとなる活動を企画していきたいです。

グランド球投げ(さくら苑新館)

さくら苑新館の水流です。

今回はグランドゴルフではなく、グランド球投げを実施しました。

これは、グランドゴルフに使用するホールポストに向かって球を転がすゲームです。

初めてだったので喜ばれるか不安でしたが、球が1回で入ると「おー入った」と歓声と拍手が聞かれました。

今後も屋外活動として楽しめるようスコアを付けるなどして継続していきたいです。