第108回さくら苑介護協室

朝晩がめっきり寒くなってきた今日この頃です。コタツも準備しなきゃなと思いながらも日中は暑いので、なかなか動かない川合です。

さて本日のテーマは「口腔衛生について」です。そして講師は、山田奈千(言語聴覚士)、山本勇生(介護福祉士)が担当です。

口腔衛生は非常に大切ですよね。口の中をきれいに保つことで、様々な病気を予防することだけでなく、食事を楽しむための味覚を保ってくれます。

また、口の中の不衛生によって、細菌が口の中で増殖します。そこで、誤嚥(誤って食べ物などが食道ではなく気道に入ること)することで、誤嚥性肺炎を引き起こすことにもなります。

最初は言語聴覚士による講義を行い、休憩を挟んで実技「口腔ケアの方法や喉の運動」を行いました。パタカラ体操は食事前の準備運動でよく見かけます。

職員が、染色液を使って歯磨きチェックもしました。

 

次回の介護教室は226日(日)テーマは「減塩」についてです。

お問合せ:介護老人保健施設さくら苑 Tel.(0984)33-2127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください