第107回さくら苑介護教室

まだまだ、残暑厳しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
GMの川合です。今回の介護教室のテーマは「救急と心肺蘇生法」です。このテーマは久しぶりに行う内容です。

本日の講師は、丸山梨沙(看護師)、山本真理恵(看護師)、種子田律子(看護師)で行います。

まずは、「救急を知ろう」を種子田が講義し、山本と丸山で人形を使い蘇生法を講義しました。

  • 心肺停止を疑う
  • 応援を呼んで119番通報する
  • 心肺蘇生とAEDの処置を行う

休憩を挟んで心肺蘇生法の実技を行いました。
「周囲の安全を確認」からスタートして、AEDの使い方や救急蘇生法の実技を行いました。

目の前で急に人が倒れた時にアタフタしてしまって、どう対処したら分かりませんよね。定期的に学習することで、万が一に備えて適切な対応ができるようになりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください