在宅復帰後の自宅訪問(さくら苑)

こんにちは。ST山田です。

先月、退所前訪問し退所に向けての話し合いを行った旨のブログを上げましたが、無事に在宅復帰されました。

先日、相談員とリハスタッフで退所後の状況確認に、自宅訪問してきました。訪問では、動作確認や転倒の有無、生活の様子、活動状況など伺ってきました。

また、実習に来ている学生も許可をいただいて同行し、機能訓練だけではないリハビリの役割も学んできました。

とても笑顔で過ごされており、一安心しました。

在宅復帰前の自宅訪問(さくら苑)

こんにちは。ST山田です。
さくら苑は老人保健施設なので、在宅復帰を目指し日々リハビリに励んでいます。
リハビリの進行状況などにより、在宅生活への復帰の目途がつくと、本人や家族、在宅のケアマネージャー、施設の相談員・リハビリスタッフと共に退所する前に自宅訪問し、在宅復帰後のサービスや自宅での生活の為に不足している部分の確認、自宅の環境の最終調整、外泊訓練等を行っていきます。

ただリハビリして在宅に帰るのではなく、在宅でも本人・家族共に不安なく過ごせるように、多職種共同し取り組んでいます。先日行われた退所前の話し合いの様子です。外泊訓練もされ、笑顔が多くありました☆

デイケアの卒業(さくら苑)

こんにちは。ST山田です。

さくら苑のデイケアは、要介護の方及び要支援の方が利用され、体のリハビリや言葉・嚥下のリハビリ、生活リハビリ、体操、レクリエーション等を通して、生活する上での能力の向上を目指して行っています。

長期的に利用される方もいますが、身体・生活の改善状況によってはデイケアを『卒業』される方もいます。

そして、先日1名、身体機能の改善及び介護度の改善によりデイケアを卒業する運びとなりました。
これまで、デイケアではリハビリ中心に活動され、空き時間には自宅でのトレーニングの指導や本人希望の脳トレ(ナンプレ)を行ってきました。また、自宅では習ったトレーニングや自宅周辺の散歩を日課にされるなど日々励まれていました。

デイケア利用の最終日には、以前に1度誕生会の際された“手品”を披露し、盛り上げてくれました。
他利用者からも「私も気張らないけんね」「よかもんじゃ」など声がありました。

単に機能の改善だけで卒業するのではなく、地域活動への参加に繋がり、活動的な生活が継続できるような卒業へと支援を続けたいと思います。

リハビリで自信がついた(さくら苑)

こんにちは、ST山田です。
先日、入所の利用者がリハビリ後に笑顔で私に声をかけてきました。

すると、「最近、色んなことに自信がついてきてきたの」「歩く距離がちょっとずつだけど長くなって、トイレも自分で出来るようになってきたの」「出来る事が増えてきてねぇ」と、とても嬉しそうに話してくれました。

続けて、「さくら苑に来る前と来てしばらくは、何もかもにやる気も自信もなくて諦めてました。あの頃はここまで出来るとは思ってもいなかったの。今、誰かに伝えたくてつい声をかけました。今度見に来てちょうだい。」と言われました。

STのリハビリは行っていない方ですが、このように声をかけてくれて、私もとても嬉しく思いました。まだ、歩ける距離は短いですが、少しずつ力をつけてきているようでした。

ただ、歩けるようになってきただけではなく、”自信がついてきた”事が何よりに大きな変化となったのかと思います。そして、自宅で生活していた時の頃の生活に戻った際には、自宅で以前のように過ごせたらと思います。

ケアプランミニ会議(さくら苑)

こんにちは。ST山田です。

さくら苑入所では、ケアプランがより良く行えるよう、介護スタッフ、リハスタッフ、ケアマネージャー等で月に1回程ケアカンファレンス後にミニ会議を行っています。

プランの実施に当たって、工夫できる部分のアイデアであったり、チェック表や方法等がもっとわかりやすく出来ないか等意見を出し合っています。

少しの時間ではあるのですが、意見が出てケアプランに生かせるので、これからも利用者がより良くなれるよう、多職種共同での自立支援を目指していきたいです。

水分補給にゼリー(リハビリ)

こんにちは。ST山田です。
朝晩は寒いですが、昼間の日差しや暖かさがとても心地良いと感じるこの頃です。

今日はさくら苑で作っている、ゼリーについてご紹介します。
嚥下障害により、普通のお茶ではむせ込みがみられる方には、お茶にとろみをつけて飲んだり、お茶ゼリーを食べて水分補給しています。

さくら苑では、とろみ茶やお茶ゼリーだけではなく、ポカリスエットで作るポカリゼリーも入所者や入院中の方には提供しています。ゼリー形態は飲み込みやすく、お茶だけでは水分が足りない方も、ゼリーも促して水分補給を促しています。

夏場だけではなく、寒い時期の脱水にも注意が必要です。しっかりと水分補給を行っていくことが大切ですね。

腰痛予防教室(宮崎PT基金事業)

リハビリの平水です。

11月21日(水)に野尻中央病院で『腰痛予防・腰に優しい介護技術』をテーマで研修会が開催されました。

この研修会は、宮崎県からの委託で宮崎県理学療法士協会が主体となり医療・福祉の現場で働く方たち向けに行っている事業で、今年で3年目に入りました。

今回の講師は、さくら苑京町デイサービスの理学療法士の岩元が担当しました。

講義の内容としては、腰痛の発生原因、腰痛チェック、腰痛予防の為の簡単なエクササイズの紹介、実際の介護方法における、腰痛を引き起こさない為の介護技術の紹介を中心に1時間半の研修を行いました。

福祉・医療現場における腰痛発生による離職率も年々高くなっている現状で、どうすれば腰痛を予防出来るのかは非常に重要な課題となっています。

今後も、この研修会は継続して行っていく予定ですので興味のある方は来年の参加をお待ちしています。

桜の便り

こんにちは。ST山田です。

日中、少しずつ暖かい日が増えてきており、春を感じる季節となりました。

そして、先日より新燃岳の噴火が続いており、こちらにも灰が降ってくることがある為、早く落ち着いてくれる事を願う日々です。。。

さておき、さくら苑の苑庭には、2月下旬より梅の花が咲き、現在は早咲きの桜が咲き始めました!

吉野桜ももうすぐ咲くのではないかなぁと、とても楽しみです☆☆

みなさんの周りの桜の便り、いかがですか?

 

さくら苑デイケア活動あれこれ

こんにちは、事務所の岩元です☻

本日はさくら苑デイケア(通所リハビリ)での活動を写真でご紹介したいと思います♪

 

さくら苑の苑庭でのリハビリを兼ねたお花見の様子↓ 今年も桜が綺麗に咲いて、ご夫婦の憩いの時間となりました♪

 

5月誕生会の様子↓ 今月はJA女性部の方々が踊りを披露してくださいました♪いつも楽しく盛り上げてくださり、今回も利用者の皆様の笑顔で溢れる会となりました^^

 

最後に、菜園活動の様子です♪↓ イチゴの収穫の一コマです。とってもいい笑顔で手入れをされているので思わずアップしてしまいました♪

 

また活動の様子をご紹介させていただきます^^

 

医療法人社団公佑会  0984-33-2127

よろしくお願いします☆

こんにちは。ST山田です。

今年度より、広報委員会のメンバーとなりました。これから、皆さんに様々な話題や魅力を、ブログ等を通してお伝えできたらと思います!!よろしくお願いします。

さて、もう、暦の上では『立夏』となりましたね。。 これから暑い日もあるかと思います。しっかり水分補給して、熱中症の予防に努めてくださいね!!

今回は、デイケアの作品と苑周囲の花がステキだったのでご紹介します☆

ちなみに。。。こいのぼりは、タバコの空き箱をリサイクルして作ったそうです!そして、黄色い花は春菊の花です。キレイですよね☆最後の写真はアジサイです。もう、つぼみがたくさん出ていました!梅雨の頃が楽しみです☆

P1050190P1050184P1050188P1050187