昔の遊び~お手玉を使ったレクリエーション~(さくら苑新館)

こんにちは。

さくら苑新館ショートステイの木野です。

ショートステイでは、毎日午後からの集団レクリエーションや個別レクリエーションを実施しています。

今回は、その中でも、昔の遊び~お手玉~を利用したレクリエーションを紹介したいと思います。

お手玉遊びは伝統的な女の子の遊びとして親しまれ、高齢者にとっても馴染み深い遊びの1つです。また、両手を使う、投げながら座位バランスを保つなど身体的なリハビリ効果や、投げ方を考える、歌いながら手を動かす事で脳を活性化し認知症予防にも良いとされています。

お手玉を持たせてみると、その感触から「懐かしいね~」「昔は、ようあそんじょった」「出来るかな」と期待と不安が入り混じったような表情を見せる方もいらっしゃいましたが、昔話を交えながら実施していくにつれ、童心に帰ったかのように、笑顔が自然と出る様になりました。

お手玉を手作りしていた事・中身に何を入れていたのか・どんな歌を唄いながら遊んでいたのか…と話をしているうちに

「あんたがったどこさ~♪」と口づさむ方も。

「昔はでけちょったけど、今じゃ~でけんな」と話をしながらも、またチャレンジするという姿が見られました。

昔の遊びは、利用者の思い出・懐かしさからやる気に繋がる事も分かり、共に楽しい時間でした。