第104回さくら苑介護教室

GMの川合です。本日はさくら苑のデイホールで104回目の介護教室を開催しました。
今回のテーマは「介護技術」についてです。介護をする上で技術や知識は知っておいて損はありません。介護をしていて無理な体勢であったり無理な方法によって腰を痛めることもあります。今日は腰痛予防も含め、介護のコツを伝授します。
本日の講師は、さくら苑入所部門の竹田勝秀(介護士)、町浦祐紀(介護福祉士)、さくらの杜から松山優子(介護福祉士)の3名です。
まずは、介護の基本となるボディメカニクスを理解することからはじまり、腰痛予防体操や福祉用具を使用して実際に移乗の実技を行いました。
ボディメカニクスはとても大事ですよね。言葉では理解していますが、いざ介護をしようとすると忘れてしまったり、やりやすい方法で身体を動かしてしまします。ボディメカニクスを体験して身体に覚えさせましょう。
少し重たい荷物などもボディメカニクスを使って持ち上げたり移動させたりする事で腰痛予防にもなりますよ。
次回の介護教室は4月21日(日)を予定しています。内容や講師はまだ未定ですが、分かり次第ホームページに掲載いたします。
★☆★☆★☆ 余 談 ★☆★☆★☆★☆
休憩時間に天気が良かったので苑庭を散策していたら、さくらが咲いてました!
今年は暖冬といわれてますが、まだ2月なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください