第101回介護教室(脱水・熱中症について)

GMの川合です。

梅雨真っ最中の6月ですが、今日は夏を感じる良い天気となりました。

本日の講師は宮原恵(看護師)、立本好美(看護師)です。

本日のテーマは『脱水・熱中症とその予防と対処方法について』です。これから夏に向けて気をつけなければならないテーマですね。

脱水・熱中症になると様々な症状を引き起こします。

特に高齢者になると自覚症状が鈍くなり、軽度の脱水では症状が出にくいのが特徴です。

脱水になる前にこまめに水分補給が必要です。きゅうりやスイカ、トマトなどの水分を多く含む野菜や果物もいいですね。また水分補給以外にも室内を涼しく保つことや生活習慣を整える事も大切です。

他にも熱中症にかかった時の対処法や冷却のポイントなど講義しました。

これから夏に向けて水分(塩分も)を意識して取るようにしましょう。

次回の介護教室は9月2日(日)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください